泉州発!紀伊半島の温泉と釣り  メニュー
カワセミTOP
へ 戻 る
トップページ 大阪の温泉 和歌山の温泉 奈良の温泉 三重の温泉 兵庫の温泉 その他の温泉 海釣り 渓流釣り 観 光




奈良吉野・津風呂湖のカワセミ



初めて見たカワセミは奈良の津風呂湖です。
見事なホバリングを見せてくれますが、私の腕ではまだ撮影できません。
いつか写したいと思い、奮戦しています。



写真は青い文字をクリックしてください。


初対面
木々に覆われた道を進んで行くと、急に開けた場所がありました。
丁度駐車スペースがあったので、カワセミはいないかと車を降り水辺を探していると、
まだ文字でしか知らないカワセミの鳴き声らしきもの、
「キー」(私にはピーと聞こえました)という、非常によくこだまする高い鳴き声が聞こえました。
よく見ると前方の葦の上にカワセミが居るではありませんか。
あわててカメラを取り出し300ミリレンズでまずは遠くから撮影。
少し近づいたところで飛び去ってしまいました。
しかたなくしばらく飛び去った方を見ていると、水面を一直線に飛ぶ影が、そして空中で静止、カワセミです。
非常に高速の羽ばたきでカワセミのブルーとオレンジの色が混ざり、そこに太陽があたって輝いています。
「これが飛ぶ宝石か」と実感しました。
その後水中に突っ込み、また空中へ出てホバリング、再度水中へ突っ込みます。
今度は魚を捕ったらしく、前方の岩の上に止まります。
魚を食べているようです。
それをそっと近づいては写し、近づいては写しし、最後は飛び去ってしまいました。
カメラを持つ手が震え、なかなかピントが合いません。感動の初対面でした。



二度目
望遠距離の不足からネットでフィールドスコープの中古を探し購入。
まずはこれに塩ビパイプでコンパクトデジカメを付けて挑戦。
スコープの倍率が20倍で、デジカメの光学3倍で60倍ということになるのでしょうか。
かなり離れたところから撮影できましたが、高倍率でのブレの影響の大きさと
しっかりした三脚の必要性を実感しました。
光学3倍でのケラレはまったくありません。



三度目
前回の経験を踏まえ、超安物三脚に見切りをつけ、安物三脚を購入。
その選択には、スコープはさほど重量がないので、雲台の微調整に重点を置いた。
さらに、新兵器のスコープと一眼デジのアダプターで挑戦
この組み合わせでは非常に暗くなり、ピントが合わせ難いと聞いていたが、
当日のような曇りでも思っていたより合わせ易いものでした。
もちろん、瞬時に合わせることはできませんが。
延長リング付のアダプターで、焦点距離1500ミリ。これにデジタル一眼なので約1.5倍の2250ミリ。



四度目
本日も現場に到着するとすぐにカワセミを見つけることができたが、
どうもカワセミに裏をかかれているようで、なかなか近くに来てくれない。
前回止まっていた木に接近して待っていたら、来てくれたのだがすぐに飛び去ってしまった。
それにしても寒い。セキレイが氷の上を歩いている。よく歩く鳥だ。
そろそろホバリングを撮りたいものだ。



五度目
今日も現地到着後、まずいつもの止まり木を見ると居てくれました。
今日は飛んでいる写真を狙ったのですが、そう簡単にはいきません。
情けない写真になってしまいました。
もっとシャッタースピードがほしい。



六度目
久々の良い天気。レンズは暗いが、今日は幾分シャッタースピードが速い。
なによりも近くに来てくれた。
これまでで一番きれいに撮れた。



七度目
前回、近くに来てくれたので今日は300ミリ手持ちで待った。
もちろん、狙いは飛びもの
近くに来た。
シャッター半押しで固まる。
飛んだ!。
なんとか写った。






現在、奮戦中







泉州発!紀伊半島の温泉と釣り  メニュー
カワセミTOP
へ 戻 る
トップページ 大阪の温泉 和歌山の温泉 奈良の温泉 三重の温泉 兵庫の温泉 その他の温泉 海釣り 渓流釣り 観 光